相続登記に関する知識

登記

不利益となる可能性も

それでは次に、「相続登記」について基本的な部分を紹介します。
相続登記というのは名前の通り、土地や住宅を相続した際に、その所有権者を前の所有者から相続後の所有者に書き換える登記のことを指しています。
この登記を行うことによって正式に相続が行われたこととなり所有権が確定することになるわけですが、実はこの相続登記、義務付けされているわけではありません。
もちろん固定資産税がしっかり払われていない場合には国税局から連絡が来ることになりますが、そこさえ怠っていなければ「登記をせよ」ということで連絡が来ることはないということです。

しかし、期限がないとはいっても、相続登記をしなくてよいというわけではありません。
相続登記を行っていないと、それが理由で不利益を被ってしまう可能性があります。
それを避けるために、しっかりと相続登記を行っておくのが良いでしょう。

相続登記のトラブル

それでは、相続登記を怠ったことによってどのようなトラブルが発生する可能性があるのかについて紹介します。
まず良くあるトラブルの1つとして、「差し押さえ登記」があります。
これは相続候補者が復数いる場合にありえるもので、自分一人が相続者である場合には発生しません。

復数の相続候補者がおり、その中に借金を抱えているものがいた場合、その人が勝手に登記が行われていない相続地を自分のものとして相続登記してしまうと、差し押さえの対象となります。
一見すると勝手に人のものを売却しているようなことではありますが、この時「貸金業者」がこのような事情を知らない「善意」の人であれば差し押さえが成立してしまうことになります。
登記は早い者勝ちであるため、他の人に登記を行われてしまうことがないように、すぐにでも相続登記を行ってしまうのが最もスマートな対策方法となります。