登記の費用

登記費用

2つのお金

それでは、登記の役割が分かった所で、次に登記を行うために掛かる費用について紹介します。
登記を完了するまでに必要な費用については申請事態に必要な「実費」と、実務を依頼する士業者に対する「司法書士報酬」という2つのお金が存在しているため、それぞれどの程度のお金が必要になるのかについて紹介します。
まずは実費つについてですが、これはより具体的には「登録免許税」「登記簿謄本代」という2つのお金となります。

登録免許税は登記を行う場合に直接必要となる税金のことで、登記内容によって税率に違いが生じる仕組みとなっています。
土地の登記を行いたい場合、そこにかけられる税金は固定資産税評価額の1.5%、建物の登記を行う場合には固定資産税評価額の2%が税率です。
ただし、居住用住宅については税率が差し引かれており、0.3%となります。
また、相続が行われることで所有権が移転する場合についても、土地建物の合計評価額の0.4%が必要となります。

登記簿謄本代金は固定額で、登録する不動産1つにつき700円となっています。
実費として掛かるのはこれらの費用と、登記を行うために移動する費用が全てです。

司法書士報酬は?

それでは、司法書士報酬についてはどのようになるのでしょうか。
登記というのはそもそも自分自身でも行うことができるものであるため、自分で行う場合には当然司法書士報酬は必要ありません。
司法書士に依頼する場合については、各司法書士事務所によって料金の設定が違っているため、一概にいくらであるのか、ということを示すことはできない仕組みとなっています。

ただ、基本的にはそれほど安い金額で依頼することができるものではありません。
その為、自分でやり方を学んで登記を行うことで、大幅に予算を浮かせることができるのも事実です。