新築マンションは買わないほうが良い?

新築は価値が急激に下がる

残念ながら日本の家は、戸建てでもマンションでも、消耗品としての考えが強く、建ててから年月が経てば経つほど価値が下がります。
そして10年もすれば建物の価値は20分の1となり、土地だけの値段になるようなところも多いです。
しかも新築マンションと言うと土地は買いませんので、購入してからはどんどんマンションの価値は下がるばかりです。

新築マンションに住むのは、家が新しいというのと、耐震性能が良いということぐらいです。
当然のことながら、年月と共にマンションの価値は下がりますので、数年後に売ろうと考えても買い手がないということもあります。
そのために、数十年のローンは残り、残債が売却価格を上回ると売ることが出来ないということにもなりるのです。

管理費や維持費がかかる

新築マンションはオーダーメイドで、好きなように間取りなどを選べるという謳い文句の物件もありますが、これは客寄せのための文句にすぎません。
実際はせいぜい数個の間取りから選択でき、壁紙の色が変えられるぐらいです。
もしも不動産側が用意した選択肢以外をマンション購入者が希望を伝えると、法外な追加料金を取られることもあります。

最近のタワーマンションは、豪華な設備が充実しており、マンション内にプールやジム、コンシェルジュサービスなどを行なうところまであります。
このようなタワーマンションは売り出すには豪華で良いという風に見えるかもしれませんが、マンションの施設なので維持しないとなりません。

不動産会社は購入者に売るとそれっきりであり、維持費を出すようなことはしません。
マンションにあるこのような設備を維持するには、購入者の方々が負担しないとならないのです。
使わないので閉鎖しようにも、入居者の多数の同意が必要で大変です。
また壁などの修繕費も考えないとならず、このような費用も必要です。

お金の使い方が下手

日本人はお金について考えることも少なく、使い方を学ぶような人も少ないです。
そして日本の不動産は、買えば価値が上がり、将来的に売って十分な利益を出せたのは、バブル時代までです。
今や高齢化と少子化により、人口は減りながらも、物件は乱立しますので、マンションも価値が下がることはあっても上がることはありません。

もしも自分なりに好きな間取りにして、自由な空間を手に入れたいなら、中古の物件やマンションを購入し、新築を買うお金の差額でリノベーションして、すきな間取りや設備を配置した方が良いでしょう。
新築マンションでは、間取りや設備を変えようにも自由には出来ませんので、リノベーションのしようがありません。
不動産となると大きな買い物で、借金をして購入することもあるので、よく考えるべきです。