地震に強い土地を探す方法

地震に強い建物

家の安全性を考える

日本ほどの地震大国は、世界中を見回してみてもなかなかあるものではありません。
過去に何度も街が壊滅するレベルの地震災害が発生しているため、そのことは皆さんも重々承知の上かと思います。
そんな地震大国で住宅を建築するのであれば、当然「地震に強い場所」というのをしっかり見極めることが重要なポイントとなります。
それでは、地震に強い場所というのはどのようにして見極めるべきなのでしょうか。

土地の購入の際に必ず見ておきたいのが「ハザードマップ」というものです。
これは自治体などによって発行されている「災害の際の被害予想地図」のことを指しています。
各種災害に対してどの程度の強さを持っているのか、ということが分かるようになっているため、購入を予定している地域の状況がどうなっているのかについて確認をしておくようにしましょう。
完全にその通りになるということが保障されたマップではありませんが、何の情報も無いまま立地を決定するよりは安全性が高まることは間違いありません。

また、住宅会社では地盤調査を行うところもあります。
使用する資材に通常のものよりも重量がある場合、会社がその土地に住宅を建てることが可能かどうかの調査にあたります。

土地を決めてからも

ただ、立地に関してはある程度仕事などの都合もあって、動かすことができないという場合もあります。
その場合には、土地を決めてからも地震対策としてできることがないかどうかを考えてみるようにしましょう。
住宅建築を行う際、本来地震に弱い地盤であってもそれを強くすることができる方法として「パイル」を打ち込むというものがあります。

これは大型建築などを行う場合に良く取られている方法で、地層上部の柔らかい場所から、下部にある安定した硬い場所まで杭を通すことによって、安定した地盤の耐震性を手に入れることができるという仕組みです。
もちろん料金はかかってしまいますが、安全のための手段として考えられます。

地盤の補強を行うことで家を安心して建てることができます。
強度のある家は地震からも住む人を守ってくれるため、地盤について考えることはその後の安全において必要不可欠です。