中古マンションの見学ポイント

KH001_72A

費用を抑えることができる

住宅といえば新築の一戸建て、というのが昔の日本に於いては一般的な考え方でした。
しかし、最近ではこの風潮もかなり変わってきており、今では新築の一戸建ての真逆とも言える「中古マンション」を住宅として購入しようと考える人も少なくありません。
それでは、自分の住宅として中古マンションを選ぶという場合、どのようなメリットが存在しているのでしょうか。

第一のポイントとなるのは、やはり「安価」であるということです。
といっても不動産の範囲内で、ということにはなりますが、新築のマンションや一戸建てに比べると同じグレードの住宅でも安価に購入できる場合が多く、経済的な理由から中古マンションを選ぶ人も少なくありません。
本体価格自体が安いことに加えて、中古住宅というのは「前の持ち主」と「買い主」との間の個人間の取引として扱われることになるため、仲介業者を介する場合には消費税が発生しないというのも安さに拍車を掛ける理由となっています。

次のポイントは「完成品を見て考えられる」ということです。
新築のマンションの場合、契約は竣工前に行なわれ、竣工してから実際に内見を行い引き渡しが行われる、というような流れになっていることも少なくありません。
特に人気の高い地域のマンションなどは竣工前に抽選を行ってしまい、それによって入居者を決めるというようなこともあります。
その点中古マンションは購入前にしっかり中を確認することができ、実際にどのような生活ができるのか、ということを具体的に考えることができるというメリットがあります。

また、同マンションの他の住民などからその住宅についての話を聞くことができるというのも嬉しいポイントです。
最近ではインターネット上などでも利用者の声が聞けるようになっている場合が多いため、探してみると良いでしょう。

見学の際にはどこを見る?

さて、それでは実際に中古マンションを見学しに行くという場合には、どのようなポイントに注意をするべきなのでしょうか。
細かい点まで見落としなくチェックをしておかないと、購入してから後悔することになってしまうかもしれません。

最初に確認するべきなのは、住宅自体ではなく「立地」についてです。
周辺にどのような施設があるのか、ということであれば地図上で確認することができますが、実際に歩いてみた時にどんな感じなのか、ということは地図では確認できません。
勾配などによって生活しにくい環境になっている可能性もあるため、しっかり歩いて確認するようにしましょう。
この際、周囲にある施設について考える事になりますが、重要なのは「自分にとって必要な施設」があるかどうかということです。

ライフスタイルは人それぞれであるため、多くの人が必要とする施設でも自分に取っては必要がない、というようなケースもあります。
逆に他の人に取ってはあまり気にしないポイントでも、自分に取っては重要ということもあります。

次に「交通アクセス」についてもしっかり確認をしておきましょう。
利用することができる交通手段としてどのようなものがあるのか、もし1つの交通手段にトラブルが発生した場合、代替となる交通手段があるのか、ということもチェックしておくべきポイントです。
こちらについてもやはり「自分にとって必要な」交通手段の状況を確認しておくことが重要になります。

もちろん、住宅の内部についてもしっかり確認しておかなければなりません。
見落としやすい点として「アンペア数」があります。
部屋単位で増設することができるようになっているケースも多いですが、中にはマンション単位でアンペア数が設定されてしまっており、増設が出来ない場合もあります。
電化機器などをよく使う人の場合、ブレーカーが落ちやすくなってしまうなどのデメリットが考えられるため、十分チェックしておくようにしましょう。

そして最後に「大きさ」についてです。
不動産業者で提示されている図面通りの物件であるかどうかを、メジャーなどを利用して確認するようにしましょう。
この時、壁については「中間」で距離を取るようになっているのが一般的であるため、単純に測った場合には図面より狭くなる点に注意しましょう。