マンションか一戸建てかどちらのほうが良いのか

マンションは管理が楽

マンションは中古でも新築を購入するのにしても、利便性が良いというのが大きなメリットです。
駅から近かったりスーパーが近いなどありますが、そのような場所から遠いようなマンションでも、敷地内にゴミ捨て場ありますので、燃えるゴミも段ボールなどもすぐに捨てられます。

また監理も管理会社や管理人が行ないますので、入居者は敷地内を掃除したりする必要もありません。
もちろん自分の敷地のベランダや部屋は掃除しないとなりませんが、道路に面した小道や駐車場を掃除する必要はないです。

お金の面でもマンションの方が、戸建てを購入するよりも安くなることが多いですが、分譲マンションを購入するとなると、修繕費は考えておかないとなりません。
どのマンションでも、間取りは最初から決まっているので、その間取りを納得して使っていかないとなりません。

大きなデメリットとしては、周囲の生活音などが聞こえるということでしょう。
隣接している他の人の部屋からの生活音などはあり、子供が住んでいるような部屋では足音や叫び声も聞こえます。
また入居して、隣の入居人が嫌だと言っても、すぐに引っ越すことは難しいです。

またマンションは資産としての価値は低く、年月が経てば経つほど価値は下がりますので、将来的に売ってもほとんど値段になりません。

一戸建ては自分の家という感覚がある

一戸建てを購入するとなると、やはり自分の土地に家を建てているという感覚があり、土地に家を建てれば、間取りも好きに決めて建てられます。
マンションと比べると、部屋数も多くなることもあり、広々と家を使えます。
必要とあれば自由にリフォームも出来、子供部屋を増やすようなことも可能です。

ただし敷地内はすべて自分で監理しないとならず、部屋の掃除以外にも庭などの掃除、雪が降る地域なら雪かきも必要です。
庭などは自然と雑草が生えてきますので、草むしりをするか除草剤をまくなどしないとなりません。
車庫などの駐車スペースを作っても、そこも掃除して監理しないとなりません。

マンションと同じように、一戸建ても修繕費が必要であり、給湯器などが壊れても、自費で交換しないとなりません。

マンションと違い、隣の住人の生活音が聞こえたり、子供の叫び声が聞こえるようなことは少なく、プライベートは確保できます。
ただし一戸建てにしても隣の家に、窓を開ければ手が届くような狭い場所に建てると、隣の家の生活音も聞こえますので、わざわざとても狭い土地に新築を建てる意味はないかもしれません。

資産としての価値は物件自体には年月と共に下がりますが、土地の価値は年月が経っても残りますので、将来的に土地を含めて売るということは可能です。