都内の住みやすい街ランキング

利用しやすい土地

利用しやすい土地

東京都は日本で最も多くの人が集まる場所です。
鶏が先か卵が先かは分かりませんが、同時に多くの仕事が集まる場所でもあり、必然的に都内で生活することが必要になる人も多いのではないでしょうか。
それでは、実際に都内で生活をするという場合、どのような場所が利用しやすい土地なのか、ということについてランキング形式で紹介します。

まずは第五位は「上野」です。
上野は商業的な発展によって様々なショッピングをするのに適しているため、買い物をすることが好きだという人に取って生活しやすい環境となっています。
商業施設の種類も幅が広く、家電量販店やデパートなどもあり、自分の求めているものの買い物をこの場所付近だけで済ませることができてしまいます。
さらに、アメ横と呼ばれる商店街もよく知られており、こういった場所でショッピングをするのもまた違った楽しみを感じることができるでしょう。

また、上野駅は新幹線の停車する駅でもあるため、様々な場所に対するアクセスに優れているというのも魅力の1つです。
よく新幹線を利用するという人にとっては、さらに生活がしやすい環境となっていると言えるでしょう。

次に第四位は「池袋」です。
池袋といえば若者の街としてよく知られている場所であり、なかなか「住む場所」としてイメージしている人は少ないのではないでしょうか。
池袋に住宅を構える場合のポイントとなるのは交通の便の良さで、都内に対するアクセスに特に優れた条件が整っています。
そのため、都内に出勤をする場合などには生活しやすい場所と言えるでしょう。

もちろん、「若者の街」を堪能したいという人に取っても池袋は良い場所です。
主に駅の周辺が発展しており、ファッション系のショップやカフェなど、様々なお店を楽しむことが出来るようになっています。
おしゃれでアグレッシブな生活をしたいという人に適した場所です。

3位から1位まで

引き続き、第三位として「高円寺」について紹介します。
高円寺は都内の中では比較的のどかな環境が整っている場所であり、庶民的な生活をするのにも適した場所となっています。
安価で購入することが出来るようなスーパーマーケットなども多く存在しており、節約しながら生活をしたいという人に取っても生活しやすい場所です。
都会の喧騒が苦手、でも東京都内で生活をしたいという場合にはこの場所は特に魅力的な場所と言えるでしょう。

高円寺自体はどこかローカルな雰囲気を持っているものの、アクセスには優れているため、その他の場所にも簡単に移動することができます。
特に東京の交通の要衝である新宿駅に対して8分ほどでアクセスすることが出来るのは便利です。

惜しくも一位を逃した第二位は「新宿」です。
前述したとおり、新宿はともかく交通の便に優れている場所であるということが魅力です。
新宿駅は慣れていない人ではすぐに迷ってしまうような大きさをしており、様々な路線がここに乗り入れています。
実際、この新宿駅の利用者数は日本のみならず世界でも第一位というほどであり、どれだけ発展している場所なのかがわかります。(余談ですが二位は池袋です)

商業的な発展についても同じくこの駅前を中心に行なわれています。
その為、駅前だけで買い物を済ませることができる場合が多くなっています。

そして栄えある第一位として紹介するのは「中野」です。
中野は長らく「住みたい街ランキング」でも一位になるなど、人気の高い街としてよく知られています。
まず中野も高円寺などと同じく新宿に対するアクセスに優れており、中野駅から新宿駅までは徒歩でも十分移動することが出来るほどです。
また、中野駅前には商店街が設置されており、高円寺と同じくどこかのどかな雰囲気を感じることができる場所でもあります。

さらに、中野は「サブカルチャー」の発信地としてもよく知られています。
中野サンプラザには多くのサブカルチャー関係のショップが出店されており、自分の趣味に合わせて生活をすることができるようになっています。
実用性と趣味とを兼ね備えた才色兼備の街が、「中野」ということになるでしょう。