「神戸」は住みやすい街?区別で考えていく

兵庫区・垂水区・須磨区・灘区・東灘区・長田区

神戸は9つの区に分かれており、それぞれの区で特徴があります。
実は淡路島から北部の日本海側まであり、かなり広いエリアであり、エリアごとに地形も変わります。

まず兵庫区は三宮から西側に位置しており、とても利便性のあるアクセスの良い場所です。
三宮まで歩いて行くこともでき、阪急線もあり各方面に行きやすく、高速もありますので車でも利便性が良いです。

垂水区になると、ここも三宮まで近く、地下鉄やバスもあります。
バスはかなり本数が多いので、移動するにもバスを使うという方法もあります。
自然も適度にあり、お店も色々ありますので、住みやすい地域です。

須磨区は垂水区とあまり変わりなく、兵庫区と比べると家賃が安く、田舎な街という雰囲気の地域です。
この地域は山が多く坂が多いので、高齢者などには辛いかもしれません。
ただそれが気にならなければ住みやすいでしょう。

灘区は神戸の中でも人気のエリアであり、高級地域というイメージが強いです。
おしゃれなお店やカフェも多く、利便性も良いところです。
ただ若干他の地域と比べると家賃は高いので、それを気にするかどうかになります。

東灘区も住みやすい環境の良い場所であり、住吉駅周辺は特に駅や銀行、お店やレストランが多く、日常生活をするには困りません。
三宮まで10分、大阪までは20分というアクセスも良い地域です。

長田区は利便性の良い地域ではありますが、外国人も多いところであり、そのようなことを気にする人には向いていない地域です。
三宮、新神戸、梅田などへは乗り換え無しで行けるので便利です。

北区・南区・中央区

南区は北区と並んで、神戸の中では一番広いエリアであり、北区に比べるとレストランやカフェが多いです。
そして閑静な地域に住みたいと言うなら、神戸の中でも北区がおすすめです。
こちらはレストランなどは少なめですが、その分美味しいメニューの多いお店が多数あります。

南区はそれほどではありませんが、やはり北区は一番北にあり山が隣にありますので、冬は寒いエリアです。
ただ北区も南区も他のエリアと比べると、家賃がとても安いというのが大きなメリットです。
鈴蘭台あたりを探すと家賃が2kで1万円台という物件もあり、1人ぐらしなら高くても4万円あれば十分に広い住居に住めます。

中央区はその名の通り神戸の中心にある区であり、三宮から神戸駅あたりまでのエリアです。
南には瀬戸内海があり北は六甲山系があり、中心には繁華街があります。
分譲マンションやタワーマンションも多い地域であり、神戸の夜景を形成しています。
元町などおしゃれな街も多く、おしゃれな地域というイメージも強いです。