家を売る際の流れ

売り家

買いやすくするためには

不動産の取引を行う場合の流れとして、ここでは「家を売却したい」という場合の流れについて紹介します。
家を売却する場合にも様々な理由があると考えられます、例えば「子供が独立したことを機会に新しい家に住みたい」ということや、「仕事の都合で現在の住まいに住み続けられない」というようなこと、あるいは「老朽化しているため引っ越ししたい」というようなことも理由の1つとなるでしょう。
当たり前のことではありますが、住宅を売却する場合について、この「住宅売却の理由」というのは非常に重要なポイントの1つとなります。

実際に売却をしたとして、その後の住宅をどうするのか、ということを具体的に考えておかなければ後悔することになる場合もあります。
そうならないためにも、なぜ売却したいのか、その後どのような住宅に住みたいのか、ということを考えておく必要があります。

その上で実際の売却フローとして行うべきことは「相場の調査」です。
売却対象となる住宅が通常どの程度の価格で取引されているのか、ということを様々な要素から判断する必要があります。
住宅の値段に大きく関わってくることとして「立地条件による地価の違い」「住宅自体の築年数」が挙げられます。
これらを元にして類似している条件の住宅を探し、相場を算出することが大事です。

ある程度相場の目安が付いたら、次に利用する不動産業者を選択することになります。
住宅の売却には大きく2つの方法があり、1つは「不動産業者に直接売却する方法」です。
この場合には買い取りを行ってくれる業者を探すことになります。

もう1つの方法は「不動産業者に購入者を探してもらう方法」となります。
こちらについてはあくまでも不動産業者は「仲介」を行うだけであり、直接の取引相手となるわけではありません。
この2つの売却方法について、どちらを選択するのかということが最終的な売却額に大きく影響を及ぼすことがあります。

前者の場合、通常後者よりも売却額は低くなります。
その代わりスピーディな売却を行うことができるため、次の住宅を早く購入したいというような場合に便利です。

対して後者の場合には、売却できる金額は高くなる可能性が高いものの、交渉相手を探すことと交渉自体にも時間が掛かるというデメリットがあります。
すぐにでも取引をしたいと思っている場合には向きません。

仲介業者を利用する場合

それでは、仲介業者を利用する場合についての取引の流れについてより詳しく紹介します。
仲介業者を選んだら、「媒介契約」というものを行うことになります。
この媒介契約にはいくつかの種類があり、「報告なく復数の企業に対して媒介契約を行うことができるもの」「報告の上で復数の企業に対して媒介契約を行うことができるもの」「他の企業と媒介契約を行うことが出来ないもの」の3つに分けられます。
契約による拘束力は後者に行くほど強く、仲介業者に対して求めることができる内容も後者の方が大きなものとなります。

多くの業者に頼んで仲介先を探してもらうべきか、信頼できる1つの業者に任せるべきかを考える必要があります。
その後、不動産仲介業者の働きによって購入希望者が見つかったら、この購入希望者と交渉を行うことになります。
その結果晴れて交渉が成立したら、売買契約を結んで売却が成立することになります。