家を貸す際の流れ

賃貸

賃貸を行う時に

それでは最後に、自分が住宅を賃貸に出すという場合の流れについて説明します。
この場合まず重要になるのが、どのぐらいの金額で貸し出すのか、ということです。
やはりまずは周辺の住宅のリサーチを行い、自分の住宅と近い条件の住宅の貸出相場について把握しておくようにしましょう。
完全に同一な住宅というのは存在していないため、参考にとどめておく必要はありますが、全く情報がない状態で行うよりも良いといえます。

次に、キャッシュフローについて考える必要があります。
貸出を行ったとして、どれだけの収入を得ることができるのか、ということを把握しなければなりません。
賃料部分は収入となりますが、その代わりに税金や管理費などは必要となるため、差し引いた時に手元に残るのがいかばかりかを計算しておく必要があります。
これらの情報が揃ったら、不動産仲介業者に依頼して査定してもらい、賃料の設定について相談をしていくことになります。

基本は業者任せになる

不動産仲介業者と契約を結べば、その後の賃貸に関する働きというのは業者任せになることになります。
場合によっては賃料の交渉などを打診される場合がありますが、それらのこと以外は自分自身で行うのではなく、業者にやってもらうのが通常のスタイルです。
その為、どのような業者を利用するのか、ということが借り主に取ってはもちろん、貸主にとっても重要なポイントとなります。

この場合、仲介を1つの業者に依頼するのか、復数の業者に依頼するのかを考える必要があります。
信頼できる業者が1つあるのであれば前者で良いですが、そういった業者を見つけることが出来ないのであれば「数撃ちゃ当たる」の方法を取った方が良い場合もあります。
自分の住宅の状況なども合わせて業者を選ぶようにしましょう。

また、家を借りてもらいやすくするために自身で行っておくべきこともあります。
建物の築年数が古い場合、なかなか借り手が見つかりにくい場合があります。
外装や内装のリフォームを行うことで人がここで暮らしたいと思う物件になるように工夫しましょう。

リフォームはただ漫然と行うと支出の方が増えてしまう可能性があります。
不動産会社やリフィーム会社に相談を行い、効果的なリフォームを行いましょう。

家は、持ち主の貴重な資産です。
空き部屋が続くようならば借主が見つかるように努力する必要があります。