売買契約の締結について

契約

しっかりとチェックしよう

それでは、売買契約を締結する場合のルールや、基本的な知識について紹介します。
まず売買の締結を行うためには、必ず売買契約の内容について記されている売買契約書を取り交わすことになります。
この契約書の内容が今回の取引内容を具体的に示しているものであるため、細かい部分までしっかりと目を通すようにしましょう。
もしこの時、事前の話と違っている点や、表記が抜け落ちているような部分があった場合には、即座に指摘し、記載を修正してもらうようにします。

業者によっては、一部の内容について「契約書には記載せずに履行する」というようなことを言ってくる場合があります。
こういった場合に流されてそれで良いとしてしまうべきではありません、あくまでも売買契約は契約書の内容にしたがって履行されるものであるため、記載がないということは履行されないとしても文句が言えないということです。
そのような場合については契約を締結せず、再度契約書への記載を求めるようにしましょう。

この際に、宅地建物取引主任者によって「重要事項」の説明というものが行なわれます。
具体的な内容については多岐に渡っているために割愛しますが、ともかくその土地や住宅についてどのような「不利になりうる可能性」があるのかを示すものです。
これについてもしっかり細かい部分まで読み、問題がないことを確認しておきましょう。

捨印は押して良い?

契約の際にもう一つ注意しておきたいこととして「捨印」の存在があります。
これは「修正印」を事前に押しておくというようなもので、もし契約書の修正が必要になった場合に困るため、という理由で余白部分に押すように言われることがあります。
ただ、これは言ってしまえば「勝手に修正されてしまう可能性を作る」ということでもあります。
訂正印については必要な部分に直接押印するのみとして、捨印として利用することはしないようにしましょう。